読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭師と駒

ささやかな愛を伝えたいだけのペン、インクは紫で

ワナビー素敵っぽいパーソン

昨日(5/16)の夜、だらだらと引き延ばしてやらずにいた地獄の履歴書制作に友達を付き合わせていた。次の日(5/17、これを書いている時点での今日)が説明会並びに面接会だったのでさすがにこれ以上逃げるわけにもいかず、けれどもやる気の起きなかった俺は…

南あきらの慕情

小説/南あきらくん/いつも#短文 にいる南あきらくんではない

俺が家で寝るときに着てるパジャマがあってさあ。冬場用のやつ。今年はもう仕舞ったやつ。 ユニクロのフリースルームウェア上下セットで、上のは白地にグレーの雪の結晶っぽい幾何学模様、下は真っ白。寝間着なので風呂上がりから朝起きるまで着ている。表に…

23時半、のり弁

某大手弁当チェーン店の弁当が大嫌いだった。僕にとってそれは愛されていないことの象徴であり、23時半決まった味の弁当に箸をつける瞬間は、心をきゅうと糸で縛られたように悲しかった。 僕の母は数年前までとある依存性のある遊興(察してほしい)に身を浸…

「わたしB」で生きていくということ

就職活動をしている。 一ヵ月ほど我流でやってみたけれど箸にも棒にも引っかからず、留年で一年ダブっている僕より一歩先に社会人になった友達が「一度くらいはエントリーシートの添削を受けたほうが絶対に良い」と言うので、お世話になっているゼミの教授に…

こんにちは自我くん

自我の目覚めがめちゃめちゃ遅かったんじゃないかと思う。というか、つい最近のような気がする。僕が「僕自身」という存在を意識したのはほんの一、二年間前のことで、じゃあそれまでどうやって生きていたのかというといまいち思い出せない。たぶん目の前に…

2016年4月15日 深夜

九州の中心で起きた大規模な地震の影響で、普段災害と無縁な僕の街も少しだけ揺れた。スマートフォンが緊急地震速報の物騒な音をでろりろ鳴らして数秒後ぐらぐらするのが数回続いた。震源地は遠く避難するほどではない震度だったけれど、それでも小さな揺れ…

過去の#短文 まとめ②

つづきです。こちらは2017年4月までのぶん。

過去の#短文 まとめ①

こんばんは、みなしろです。 Twitterのほうで時々やっている小説っぽい呟き#短文 ですが、そろそろ過去のものが溜まってきたのでこのあたりでまとめておこうと思います。 Twitterに流しっぱなしだと見返しにくいといろんな方から言われているので時々まとめ…

愛は幻想のむこう

河合郁人の虚像を愛しているという自覚がある。 彼はとても不思議な人で、その体の中に多彩な魅力を閉じ込めている。LEGENDコンサート「Red Sun」で見せた激しいエロティックさとかっこよさに対する、early summerコンサート「未来は明るいかい?」でのコミ…

#ふぁぼったフォロワーさんをイメージして小説の書き出し一文 のまとめ

こんばんは、みなしろです。 Twitterのほうでタイトルのタグをやったのですが、軽い気持ちで始めたのに一文どころの騒ぎじゃなくなり、それぞれ小説冒頭と言ってもいいくらいの長さになってしまいました。 Twitterでは140字の制限がありますので、それに沿っ…

「写真みたいな絵って、だったら写真でよくない?」

身も蓋もないことを。そう返すとクラスメイトは歯を見せて笑った。彼はきっとこんなホワイトボックスの中にいるより、誰もいない屋上で気の抜けたコーラを飲みながら授業をサボっている方がずっと映えるだろうと思った。ああそれで絵を描こう。硬いコンクリ…

アイドル短歌たち、そのいち

こんばんは。 Twitterやはてな上で行われているらしい「アイドル短歌」なるもの。 自分は好きな人やものに対して何か文章を書かずにはいられない性質でして、一年ほど前河合郁人さんのファンになったころから一人こっそりと彼についてたんかのようなものを詠…

はじめまして

はてなブログ作ってみました。 今のところは短歌やらの置場になりますが、何か長文が書きたくなった時にでも利用できたらいいかなぁと思っております。よろしくお願いいたします。